果たしてFXで超短期的な売買をすると口座は凍結されるか

果たしてFXで超短期的な売買をすると口座は凍結されるか

果たしてFXで超短期的な売買をすると口座は凍結されるか

 

FXには、色々な噂があります。その1つが、超短期的な売買ですね。ある時に私は、ある情報サイトにて超短期的な売買はあまり望ましくないとの話を読んだことがあるのです。というのもそれを行ってしまうと、口座が凍結されてしまうようなのですね。そのサイトによると、昨今の金融会社では超短期的な売買を行っている方々を、敬遠していると思っているようです。それで余りにも超短期的な売買を繰り返しているような方などは、今後はログインが難しくなってしまうと強調されていたのですね。

 

そのような話を聞きますと、あまり短期的な売買はしない方が良いと思う方も中には見られます。しかし実は、そうではないのですね。余りにも常識的に問題がある売買頻度の場合、凍結される可能性はあるようです。頻度が多すぎると、そのような可能性もあるのですね。この投資商品の売買のやり方は、色々です。中にはちょっと特殊な方法をあるのです。最近では、自動的な売買をしている方々もたまに見られますね。感情を全く移入する事なく、あくまでも機械的な売買を行ってくれるので、とても便利との意見も根強いです。

 

ところがそのシステムには1つ弱点があって、売買頻度が極端に増えてしまう事があるのです。手作業で売買を行っている時には、全くあり得ないような頻度になる事があります。数秒間に何回も売買をするような方も、稀に見られるそうです。ところで余りにも売買の頻度が多ければ、金融会社のシステムに対して大きな負荷がかかってしまいます。となると、もちろん金融会社のサーバーのダウンしてしまう可能性もありますね。それは他の顧客に対して迷惑がかかってしまうでしょう。そのような方の場合は、口座が凍結される事はあるそうです。

 

しかしごく一般的な方法で超短期的な売買を行っている際には、実は口座は凍結される事は無いのですね。ですので、別にFXの会社が超短期的な売買を禁じている訳ではありません。そこは安心して良いでしょう。