失業率などの直前で自動的にFXの成り行き注文をしてくれるシステム

失業率などの直前で自動的にFXの成り行き注文をしてくれるシステム

失業率などの直前で自動的にFXの成り行き注文をしてくれるシステム

 

FXの売買では、経済的なニュースが発表されるタイミングには気をつけた方が良いです。そのタイミングでは、あまり建玉を保有しない方が良いですね。そもそもニュースが発表されるタイミングでは、かなり大きな動きが発生する傾向があります。特にアメリカの失業率などの数字は、かなり大きな意味合いがあるのですね。その数字の発表に伴って、普段以上に大きな動きが発生するケースは、決して珍しくありません。

 

ですので多くの方々は、そのタイミングではなるべく建玉を保有したくないのです。そのタイミングを迎えてしまいますと、思わぬ大きな損が発生してしまう可能性があるので、建玉をゼロにしておきたいと思っている方も珍しくありません。

 

ところで私たちの日常生活では、色々な事があります。その失業率が発表されるタイミングにてパソコンの前などにスタンバイできれば良いのですが、それが難しいケースもあるのです。理由は色々あって、ちょっとお仕事がお忙しいケースもあるでしょうし、買い物などで席を外しているケースも多々あります。その場合はパソコンの前で決済ができませんので、建玉を保有したままニュースを迎えることになってしまいます。それは避けたいですね。

 

ところで一部のFXの会社では、とても便利なシステムがあるのです。特定の時間になった時に、自動的に成り行きでの注文を行ってくれる方法です。例えば上記の失業率が発表される時間が、21時30分だとしましょう。その場合は、21時29分などに、上記の注文を設定しておくのですね。すると29分になったタイミングにて、自動的に成り行きが発動されます。最終的には自分の建玉が全てゼロになりますので、失業率を迎えずにすむ訳ですね。

 

ですのでFXにてニュース発表のタイミングが心配な時には、ちょっとそのような注文方法を有効活用してみると良いでしょう。ちなみにその方法が可能な会社は、意外と限られています。ですので、やはり金融会社を選ぶのは大切なのですね。